読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

therubyracer considered harmful

要約

 therubyracerはやめてexecjsからnodeコマンド使え。

解説

 Rails 3.1 で Asset Pipeline が導入されて以来、Gemfileにgem 'therubyracer'と書く人も増えたのではないでしょうか。しかし、それがどの程度のリスクを背負っているのか自覚のない人も多いように感じます。

 平時はChrome由来のJavaScriptエンジンであるv8を手軽にインストールできてスーパー便利なtherubyracer.gem & libv8.gemですが、その潜在的なリスクには震えるものがあります。最初にこれが世を騒がせたのは3年前のクリスマス前のことだったでしょうか。

v8

 この問題の背景には、本質的に「v8のビルドは難しい」という点があります。雑にバージョンを選ぶとビルドが通りません。そもそもがChromeのためのものだからなんでしょうか。リリースする前に個別にパッチ当ててるんですかね。

libv8.gem

 上記のような邪悪を封じ込めたのがlibv8.gemです。libv8.gemがインストールされていれば、楽に利用することが出来ます。バイナリのlibv8.gemが既にあれば楽ですが、時々ありません。例えば、2016年1月8日現在、El Capitan用のバイナリgemはありません。

 自分でgemを作る場合は自分でv8もビルドするか、–with-system-v8でbrewなどから入れたv8を使うかを選ぶ必要があります。前者は言うまでもなく大変なのですが(2016年1月8日現在、正常にビルドが通りましたが3分かかりました)、後者もv8とlibv8のバージョン依存問題に加え、一度libv8.gemを作ったあとでうっかりbrew updateするとバイナリgemが壊れることがあります。

therubyracer.gem

 therubyracerはlibv8への激しいバージョン依存があります。昔はプラットフォームによって正常にビルドできるlibv8のバージョンが違うのにtherubyracerがそれぞれ別のバージョンになっていてGemfileどう書けばいいんだ…とか泣いてた記憶があるんですが、さすがに今はそういうことはないのかな。

まとめ

 以上の通り大変なので、この問題につっこんでいくことは特段の必要性が無い限り避けるべきです。(特段の必要性というのは、たとえば細かいJavaScriptコードを何度も繰り返し実行する必要がある、とかです)RailsのAsset Pipeラインの場合、execjsを用いてnodeコマンドを叩くことが出来ます。nodeコマンドならどのプラットフォームかによらず、いつでも簡単に新しいものを入れられるので安心安全です。無駄な仕事を減らして高い生産性を保ちましょう。