読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RubyとGit for Windows

 人は誰しも理想郷ユートピアを求めるものだし求めてしまうものだろう。「最強のUnix環境」、これもまたそうしたユートピアの一つである。

 21世紀の正常な判断能力を持った人間A pragmatic programmerならば、ユートピアを探し求めることは諦めて、OS Xこそが現実的なデスクトップUNIX環境だと認め、林檎の木の下で日々を暮らし、1日17回だったり2週間に1度、現実的なサーバー用UnixであるLinuxサーバーにdeployして生活の糧を得るものだ。

 しかし、やはり人はユートピアを求めてしまうものだし、正常な判断能力を失ってしまったプログラマプログラマにはよりにもよってWindows上にそれを求めてしまう頭の不自由な人interixやcygwinで懲りない人もいる。この記事はそうした人に向けた、2015年末での状況を述べたものです。

 さて、アベノミクス以来の円安もあり、2015年に大きく生活環境が変わった人も多いと思いますが、Windows上でのUnix環境にとっても2015年は大きな変化のあった年でした。OpenSSH for Windowsは話題性の割に正直どうでもいいのですが、Git for Windowsは福音と言っていいでしょう。

 そもそも昨年くらいからMinGW64の安定、MSYS2の登場とパッケージマネージャpacmanの移植など、Unix on Windows業界は活気づいてはいました。しかし一方で勃興期にありがちな「結局どれとどれを入れてどう設定すれば正解なのかわからん」という問題を抱えていました。

Git for Windows SDK

 さて、Git for Windowsの何が福音かって、彼らはgitのビルド環境をきちんと整備してGit for Windows SDKとして別リポジトリで公開しているところなのです。

 意気揚々とMSYS2単体を入れた人は誰しもその3秒後gccすら入っていない上に、聞きかじったpacmangccを入れようとすると無数に現れる候補に途方に暮れてウィンドウをそっと閉じると思うのですが、Git for Windows SDKならばそんなことはありません!リンク先からexeを拾ってきていつものようにNextを連打すれば、必要なものはだいたいあらかじめインストールしてくれます。とはいえ、Rubyのビルドに必要なものが全て入っているわけでは無いので、pacman -S autoconf bison rubyしましょう。

追記

OpenSSLのライブラリはどこから入れるんだというご質問を頂きました。それは Git for Windows SDK ではなく、LibreSSLのDLLを取ってくるのが現代では一番簡単です。詳しくは RubyをWindows上でVisual C++でビルドする をご覧ください。

ruby

 Rubyのビルドは特にトラブル無く通るはずです。MSYSに慣れていない人はインストール先の指定がMSYSでのパスではなく、Windows側のパスであることに注意しましょう。

 調子に乗ってtest-allを走らせるとそうそうにこけますが、これは読者の宿題としておきます。Enjoy debugging Ruby and MinGW!!!